HOME > 診療科目一覧 > わきが・多汗症

診療科目:わきが・多汗症・皮膚腫瘍・各種変形治療

開院して8年目ですが、再発は1度もありません。口唇裂などの先天性疾患の二次修正や顔面神経麻痺などにも積極的に取り組んでいます。

施術内容

人を助けるのが医師の宿命ならば保険診療で出来る手術は保険診療を適用して当たり前!
保険診療が出来るのに、高額な費用を請求するのは、同じ医者として恥ずかしく思います。
私は、さらに通常、皮弁法でも4cm以上切らないと出来ない手術を、わずか1.2~1.5cmで行います。
もちろん、今まで再発はございません。

以前他院で手術された方が、症状がとれないと言って多く来院されますが、一度手術をすると、皮下に固い瘢痕組織を作るので汗腺がこの中に閉じ込められるため、2度と汗腺は取り除けません。

レーザー、吸引法やそれに類似する治療は中途半端で、最大の効果は得られませんし、2度目の手術はできなくなります。
1度しかないチャンスをムダにしないよう、心して治療を受けることをおすすめします。

ワキの汗単独が気になる方には、汗を出すエクリン腺の作用を抑える“ボトックス”注射もオススメです。
効果は一定期間ですが、劇的改善で(当院で10ヶ月~1年程度、長い人はそれ以上)簡単でダウンタイムがないのも魅力的です。

保険診療

皮膚腫瘍

皮膚の腫瘍(できもの)は良性から悪性まで様々です。
その判断は専門的な知識を要します。形成美容で培った繊細な技術を駆使し、最小限の傷で腫瘍を取り除きます。

傷(瘢痕)形成

盛り上がった傷、引きつれた傷など、傷はゼロにはなりませんが、限りなくゼロに近くします。
(レーザー治療は保険対象外です。)

耳の変形

埋没耳や袋耳、スタール耳、耳垂裂など治療しています。

へその変形

ヘルニアを伴う出べそは内容物をおなかの中へ完納して、外見上も縦長の窪んだ美しいおへそに仕上げます。

上口唇・鼻

生まれつきの先天的疾患の口唇裂は、大人になって二次修正が必要です。
口唇裂の方は、鼻の変形も同時にきたしています。
当院では、、美容外科の技術を生かして鼻の変形治療を行っています。
これ以上は、無理と言われた方も治療して満足いく結果を得ています。
同時に鼻の修正も行います。

顔面神経麻痺

神経麻痺側を上方へ引き上げ固定することで左右差をなくします。

診療科目一覧
目
胸
鼻
脂肪
わきが・多汗症
輪郭形成
毛髪
若返り(しわ・たるみ)
美肌(しみ・ほくろ・にきび・毛穴)
その他
  • img_top_thumb01.jpg
  • アクアフィリング豊胸
  • vanquish_bn.png
ページの先頭に戻る
Copyright(c)2010 hakusan clinic ALL Right Reserved.