診療科目:脂肪

開院して以来、もちろん再発は1度もありません。

施術内容

皮弁法による汗線除去根治術

人を助けるのが医師の宿命ならば保険診療で出来る手術は保険診療を適用して当たり前!
皮弁法での手術は、保険診療が可能です。唯一信頼性の高い手術です。
保険診療が出来るのに、高額な費用を請求するのは、同じ医者として恥ずかしく思います。 私は、さらに通常、皮弁法でも4cm以上切らないと出来ない手術を、わずか1.2~1.5cmで行います。 これには特殊な器具と技術が必要です。手術はものすごく丁寧に行うので、もちろん、今まで再発は1例もございません。術中はリラックスしてうけていただけるよう、リラックス麻酔を行なっています。
以前他院で手術された方が、症状がとれないと言って多く来院されますが、一度手術をすると、皮下に固い瘢痕組織を作るので汗腺がこの中に閉じ込められるため、2度と汗腺は取り除けません。
レーザー、吸引法やそれに類似する治療は中途半端で、最大の効果は得られませんし、2度目の手術はできなくなります。
1度しかないチャンスをムダにしないよう、心して治療を受けることをおすすめします。

料金 両ワキ \44,000円(税込)程度


パースピレックス(医療制汗剤)

汗線を閉じ込めて制汗! 長時間のサラサラを実現。 パースピレックスは汗線深部に角栓をつくり、「フタ」をすることで発汗を抑制します。 パースピレックスは長時間持続型の制汗剤で、1回の使用で3~5日間、汗を解消してくれます。 ワキ用、手の平や足の裏用があります。



ボトックス注射

ワキの汗単独が気になる方には、汗を出すエクリン腺の作用を抑える“ボトックス”注射もオススメです。
効果は一定期間ですが、劇的改善で(当院で10ヶ月~1年程度、長い人はそれ以上)簡単でダウンタイムがないのも魅力的です。

起こりうる事・副作用

色素沈着・拘縮・皮膚潰瘍

^