HOME > 診療科目一覧 > 鼻

診療科目:鼻

鼻の美しさは感じ方が違うので、お望みの形に仕上がる様に、カウンセリングに十分な時間をかけております。

施術内容

降鼻術    降鼻術       ・鼻尖形成 鼻尖形成

鼻中隔延長術 鼻中隔延長術     ・鼻翼縮小 鼻翼縮小

鼻孔縁下降術 鼻孔縁下降術

隆鼻術 <シリコンインプラント>(鼻すじを通す)

降鼻術

 

素材選びが大切です。

鼻根部から鼻背までは、シリコンインプラントが1番です。
当院が使用するプロテーゼは、本来の鼻の構造に基づいて硬い部分は硬く、柔らかい部分は柔らかくしています。

実際に生理食塩水を注入し、希望される形をシュミレーションし、挿入するインプラントの高さと幅を選択します。当院では、L型でなく、I型もしくは、中間型を使用しています。
L型を使用すると鼻先が上がり、鼻の穴が見えてしまいますし、長年経過すると鼻尖部がうすくなるので使用しません。

Before
After



ヒアルロン酸の場合

ヒアルロン酸は手軽で、すぐに形が整うので評判です。吸収されますが、その方が体には安全です。不足を感じたら随時追加が可能です。一度に入れると横に広がるので、少量ずつがベストです。

 
Before
 
After

鼻尖形成・鼻尖縮小(丸い鼻先を解消)

鼻尖形成

鼻尖形成は、幅があり、丸味のある鼻尖の形態を鼻翼軟部組織間の軟骨組織を除去し、広がった鼻翼軟部組織を縫い合わせることで改善します。また、余剰の軟骨をとり、鼻柱にさしこんで移植することが、高い鼻先部も作れます。

【症例1】                     【症例2】

Before
After
Before
After

 
余剰な軟骨は一部とり、鼻柱部に移植することで、高い鼻尖部が形成されています。

鼻中隔(びちゅうかく)延長術(だんご鼻)

鼻中隔延長術

短鼻の方や鼻先が上方を向いている方、鼻柱が鼻翼の付け根より後退している方に適しています。耳介軟骨や助軟骨を鼻中隔軟骨に付け足して新しい支柱とし、これに前下方へ鼻翼軟骨を引き出し固定することで鼻先部が下がって見えます。 新しく移植する軟骨の種類は御希望の延長量により決定します。

【耳介軟骨の症例】

Before
After
Before
After
 
鼻柱が埋もれて見えるのが、前に出ることで逆転しています。
鼻尖部が斜目下方向へ出ているのがわかります。

【肋軟骨の症例】

Before
After

 
鼻尖部は下がって、鼻柱部分がよく伸びています。鼻背~鼻根部には、シリコンインプラントが挿入されています。

※軽度の短鼻…

鼻の高さをほんの少し高くしたい場合は、鼻の軟骨(鼻中隔軟骨)を移植します。

※中等度の短鼻…

両方の耳介軟骨を採取し、鼻の柱である鼻中隔(びちゅうかく)に移植し、鼻の柱を長くします。(場合によっては、鼻柱の鼻中隔軟骨を採取し、これを移植することもあります。)伸びた鼻中隔に両側の鼻翼軟骨を縫合します。鼻先を出す方向角度は自由自在に決められます。

※重度な短鼻…

バストの下縁を約3cm程切開し、肋軟骨を採取します。肋軟骨は非常に硬く、まっすぐな移植物を作るには最適です。手術は耳介軟骨移植と同じように鼻中隔下端に肋軟骨を移植し、両側の鼻翼軟骨の内側脚にこの移植軟骨を縫合し、鼻尖が適正な位置にあるかどうか確認後に閉創します。

鼻翼縮小術(横幅を小さく)

鼻翼縮小術

鼻翼縮小は内側法と全層法があります。鼻翼のドームの広がりの程度に応じて適応が決まります。

【症例 全層法】

Before
After

正面から見て横の張り出しが自然に押さえられています。傷はほとんどわかりません。

鼻孔縁下降術(鼻の穴を見えなくする)

鼻孔縁下降術

鼻の穴の辺縁(鼻の中)を切開し、これを下方へ下げ、生じた鼻の穴の皮膚の欠損部分に耳の皮膚、軟骨を縫合します。非常に上品な鼻になります。

【症例】

難易度の高い手術です。行っているクリニックは数少ないですが、当院では、普通に行えます。採取した皮膚と軟骨は、分離しやすく、丁寧に縫合する技術が必要です。
上に向いた鼻の穴が、自然に見えにくくなり、鼻が長くなった印象をうけます。

Before
After
診療科目一覧
目
胸
鼻
脂肪
わきが・多汗症
輪郭形成
美肌(しみ・ほくろ・にきび・毛穴)
若返り(しわ・たるみ)
脱毛レーザークラリティ
毛髪再生外来
男性器・女性器の悩み
保険診療
点滴療法
サプリメント療法
  • img_top_thumb01.jpg
  • アクアフィリング豊胸
  • vanquish_bn.png
ページの先頭に戻る
Copyright(c) hakusan clinic ALL Right Reserved.