HOME > 診療科目一覧 > 輪郭形成

診療科目:輪郭形成

エラ・頬の突出は口腔内アプローチにより骨切り、骨削除を行います。

施術内容

【エラの症例】

Before
After
Before
After

エラは正面像もさることながら側貌も重要です。角度を押さえ、横幅を削って仕上げます。その方にあったきれいなカーブを作ることが重要です。

【頬骨の症例】

頬の張り出し、頬骨と頬骨弓を骨切りし、内下方に押し込むようにして高まりを落とします。
段差がないように滑らかに削って仕上げます。

Before
After

【エラボトックスの症例】

手術はどうしてもという方には咬筋にボトックスを注入することで筋肉を萎縮させ、エラの部分を細くすることが可能です。

効果の持続は一定期間ですが、(当院で1年程度)元に戻っても約80%ほどであること、リピートして注入すると効果が持続することを考えると魅力的な施術です。

Before
After

【あごの症例】

口腔内アプローチにより、鼻尖~上口唇~あごのライン、すなわちEラインが整うようにインプラントを挿入します。

Before
After
Before
After

また、インプラントはどうしてもという方には脂肪幹細胞注入によるあご出しも可能です。

診療科目一覧
目
胸
鼻
脂肪
わきが・多汗症
輪郭形成
毛髪
若返り(しわ・たるみ)
美肌(しみ・ほくろ・にきび・毛穴)
その他
  • img_top_thumb01.jpg
  • アクアフィリング豊胸
  • vanquish_bn.png
ページの先頭に戻る
Copyright(c)2010 hakusan clinic ALL Right Reserved.