HOME > わたしの想い

わたしの想い

“世直し美容整形”を目指しています。

わたしの想い

わたしの想い

美容外科は実に繊細で奥の深い分野です。来院された患者様、お客様の社会的背景やおかれている状況、希望や目標などを詳しく聞いて一人一人のプランを立てなければなりません。ものすごく根気と執念のいる仕事です。

しかし、現在の美容状況をみると施術する側が出来もしないことを言ったり、あるいはある事ない事言って、言って強引に施術に誘導したり、その得られた結果がやりすぎであったり、過小であったりして、話術によるパワーハラスメントに会い、苦しんでいる方を見受けます。 多大なお金を支払い、修正したくてもできない何とも悲しい現実です。

美容医療はクリニックによって実力はまちまちで、美容医療の平均点さえ得られていない現実です。自費診療がゆえに何も言えない患者様の立場を思うと、その結果をみた時に怒り心頭に達します。 病気を治すのに一生懸命であった医療の現場がどうして美の領域にはないのか? 私の純粋な疑問です。美容大国といわれる韓国では、あけっぴろげで整形したことを第3者に吹聴するのがあたりまえらしいですが、そこまでとはいかなくても、堂々としていれるそんな土壌に日本もならないと、この根本は解決できないと思います。

さらに、現在の日本の美容医療は、諸外国の真似事ばかりで、決してオリジナリティーの高い治療はできていません。それは、国内で生産される美容医療機器、医療材料がないことが原因です。企業が乗り出さないと真剣にいいものを作り出すとことはできません。 レーザーを始めすべてのものが海外の輸入です。国内に輸入されるものを良いものと思って信じて使っているだけです。それを吟味する監督官庁もありません。

ですから、自分の目で確かめ、良い物を取り入れ、だめなものは断固としてはねのける、また、現状の物資に満足せず、常に開拓する姿勢を貫きます。 私は努力します。精進します。一つのすばらしい作品を完成する為には、たっぷり時間をかけ、その執念をみせます。 美の大量生産は機械ではないので、量販店みたいにはいきませんし、ありえません。

“一針入魂”の精神を忘れずに今後も治療に邁進していく所存です。

白山クリニックからの約束。

話し合える“カウンセリング”を信念に。

どんな名医であっても患者様の真意がわからなければ、優れた腕をふるうことはできません。ですから、お互いの目標が理解しえるまでは、徹底的に話し合います。

ライフスタイルにあわせた美しさのご提案を。

十人十色のライフスタイルがある今、一人一人の患者様の要望に答えられるよう数多くの施術内容を考え、最高の治療のプランを計画します。

あなたと向き合う責任と幸福を心に。

ひとりひとりとの出会いに責任を持ち、また出会えたことに感謝をして、患者様の満足がいく結果が得られるようにします。そのために、最新の技術・施術を常に求めていきます。

 

 

 

 

経歴

 

平成2年 山口大学医学部卒業
平成2年 久留米大学医学部形成外科入局
平成5年 久留米大学医学部形成外科助手
平成9年 日本形成外科学会認定医取得
平成9年 大牟田市立病院形成外科部長
平成11年 (旧)大阪白壁美容外科形成外科部長
平成15年 大分形成外科白山クリニック開業
平成19年 名古屋 形成外科 美容外科 白山 桜クリニック 開業
  • img_top_thumb01.jpg
  • アクアフィリング豊胸
  • vanquish_bn.png
ページの先頭に戻る
Copyright(c) hakusan clinic ALL Right Reserved.